スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則 The Presentation Secrets of Steve Jobs: How to Be Insanely Great in Front of Any Audience

スティーブ・ジョブズのプレゼンに学ぶ

ありたい姿を明確化し、発信することで、周囲を巻き込んで大きなうねりを創り出す人。そんな人のことをビジョナリー(Visionary)という。ビジョナリーになるための条件に、物事の本質をシンプルに捉える能力があると思う。何事にも、自分が目指すものにどのような意味があるのかという視点で常に向き合い、かつそれを誰にでも分かる言葉にする力のことだ。

ビジョナリーの代表格といえば、アップルのスティーブ・ジョブズだ。彼のプレゼンテーションは、常にメッセージに溢れ、聞いていて飽きない力を持っている。本書は、彼のプレゼンテーションの秘密を丁寧に分析し、プレゼンテーションのコツだけでなく、ビジョナリーの思考習慣を解き明かした面白い本だ。

 

具体性がバツグン

本書で紹介されているジョブズのプレゼンテーションは、彼が実際に行った数々のキーノートをベースにしており、その際に用いた資料も日英対訳で掲載されているので、読者が明日から実践に使えるほど具体的である。僕は仕事柄、これまでにたくさんのプレゼンテーションをこなし、見てもきたが、ジョブズのプレゼンテーションは確かに群を抜いている。無駄のない構成、エッジの効いた言葉づかい、相手が無理なくメッセージを受信できるストーリー運び。どれをとっても一級品であることは疑いがないので、安心して本書を手にとってもらいたい。

 

あなたのプレゼンは一番大事な問いに答えているか

本書は、プレゼンテーション本番にどのように振る舞うかを含め、18のポイントで構成されている。「計画はアナログでまとめる」や「敵役を導入する」など、どれも常に心掛けるべき重要な点ばかりだが、ひとつだけここで紹介するとしたら、個人的には「一番大事な問いに答える」で即答である。

「一番大事な問い」とは、なぜあなたのプレゼンテーションを気に掛ける必要があるのかということだ。当たり前だが、自分がいかに優れたアイディアだと思っていても、相手がその気になってくれなければ価値はゼロでしかない。それが本当にクライアント・ファーストなアイディアで、是非聞いてもらいたいと思っているのであれば、相手が耳を傾けるきっかけからこちらで用意してあげなければいけないのである。

 

例えば・・・

聞き手の悩みや喜びのツボは何だろうか。まずは想像力を逞しくして、紙にペンを走らせてみる。例えば、海外に出たい企業について、なぜ海外に出たいのか、なぜ海外に出られないのか。別に特別難しいことではない。相談相手になったつもりで、あれこれと考えてみるのである。仮に悩みのツボが3つ見つかったなら、プレゼンテーションの構成は、自然と3つの悩みに対する3つの答えという3部構成になる。

また、仮に海外に出るための手段が判らないという悩みだとしても、会社設立のスキームや出資規制を淡々と並べ立ててはダメだ。どんなに難しい事柄であっても、「あなたにとって・・・」や「・・・できるようになる」という語りかけの形で語られなければいけないというのは重要なアドバイスだ。

 

あとはトレーニングのみ

プレゼンテーションの巧拙は、決して先天的な差ではない。相手のことを考え、シンプルに表現することを常に意識する訓練を積んでいるかだけである。せっかくのアイディアをプレゼンの不味さでボツにしてしまうなんて、勿体無いことはしてはいけない。そう強く念じて、ジョブズからできる限り多くのことを盗んでおこう。興味が湧いたら、YouTubeで早速ジョブズのプレゼンテーションを見るのもアリだ。



この本についてひとこと