官僚たちの夏

官僚たちの夏 (新潮文庫)

通産省の風雲児

主人公風越信吾は、「ミスター通産省」と呼ばれる大臣官房秘書官。悠然と大臣室から出てきた彼は、怒り肩をさらにつりあげ、両手を開き加減にふって外股で歩く。彼の登場シーンは、このように印象的な描写で始まっている。しかし、彼の職位は確かに要職ではあるけれども、大臣でもなければ事務次官ですらないのだ。組織論理の強い官僚機構の中にあって、この振る舞いは決して褒められたものではない。ただ、それが風越信吾という人なのである。豪快にして男気溢れる。そんなカリスマ性が、ある政策を巡る物語を形作っていく。

 

護送船団か市場主義か

物語の舞台は、高度成長政策が開始された1960年代の初頭。昨今のTPP参加の議論のように、資本・貿易を自由化するかどうかについて、護送船団を守るべきか、市場主義を取り入れるべきかの議論で世の中が喧しかった時代だ。世論の大きな流れとしては、好景気であったことも手伝い、旗色は自由経済に傾いていた。しかし、風越は、中長期的な日本の競争力を考えれば、官民協調の政策が必要だと考えていた。

まだまだ未熟な産業や、将来の貿易摩擦などに備えて国が手当をすること。もちろん、官僚として通産省のプレゼンスを高めたいインセンティブもゼロではなかっただろうが、彼は、あくまで信念として、政策介入こそが日本を良くすると考えて動き出す。

 

国家に雇われているのであって大臣に雇われているわけではない

彼の思想は、政財界の利害に左右されず、天下国家を論じ、本質的に日本国民を利すること。そんな彼には、周りになんと言われようと、信念に基づく政策の大仕事を実現するための武器があった。長年の人間観察で培った人物眼と、彼の持つ人事権である。彼は、時間をかけて目ぼしい人物を育て、自分の信念を実現するチームが完成するのを待っていた。そして、今回の政策実現に向け、念願のドリームチームを結成したわけだ。

ドリームチームのメンバーたちが夜を徹し、熱い議論を重ねながら、信念を貫き通す姿は、読む人の心を動かす鬼気迫るものがあり、後にドラマ化されて人気を博したのも確かにうなずける。しかし、僕は彼らのそうした懸命の努力が、物語の最期で報われなかったところに、この物語の本当のキモがあると感じている。

 

風越の決定的な間違い

1962年に彼らが渾身の思いで提出した、官民協調を柱とする特定産業振興臨時措置法は、政財界から強い反対に合い、あえなく廃案となる。あれだけの思いを込め、議論に議論を重ねた政策は、なぜ成立できなかったのか。それは、誰が望んだ政策か、誰にとってどのように良い政策かという「そもそも論」に理由があると思う。

どんな高邁な理想を盛り込んだ政策も、スポンサーがなければ決して実現することはない。しかし、彼らの政策は、最後まで「誰のため」が明確にならず、理想のための理想を超えられなかった。だから、僕は風越たちがいかに熱く日本の将来を語り、政策の成立に邁進しようとも、どうしても最後まで、心の底から共感することができなかった。

作者の城山三郎も、あえてハッピーエンドにせず、そうした風越たちの決定的な間違いをこそ、描いておきたかったのではないかと思っている。このことがかえって『官僚たちの夏』に、単純な感動話を超えた深みを与えたのではないだろうか。



この本についてひとこと