あの日|小保方晴子

あの日

「あの日」から何を学ぶのか?

2014年に世間を騒がせたSTAP問題とはなんだったのか。2014年1月28日、多数の記者を前に会見をした小保方晴子 理化学研究所CDBユニッ トリーダー(当時)は、iPS細胞に次ぐ幹細胞作製アプローチ(STAP細胞)の発見と、割烹着姿のリケジョというキャラクターで瞬く間にお茶の 間の人気者になった。しかし、科学誌Natureに掲載した論文Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotencyの画像に問題が見つかると、共同研究者の若山照彦 山梨大学教授が論文撤回を宣言、その後、笹井芳樹 理化学研究所副センター長(当時)の自殺、理研調査委員会による単独不正の認定、早稲田大学による博士号の剥奪に至って、彼女の評価は地に落ちた。

この騒動を思い出すたびに、僕はこれでよかったのだろうか?という思いに苛まれる。世の中的に分かりやすい「小保方、逝ってよし」的な“禊”に何の意味があったのだろうか。本当に考えるべきは、ひとつは「STAP細胞はあったのか?」という科学的議論、もう ひとつは「STAP騒動とは何だったのか?」という社会的議論ではないかと思う。敢えて言えば、空気で動くこの国にそうしたStructuredな議論を期待してはいけないのだろうか・・・。

記者会見からちょうど2年後の2016年1月28日に合わせて、彼女は本書『あの日』を出版した。大学時代からの研究者としての半生と、混乱に満ちたSTAP騒動の渦中を赤裸々につづった本書は、もちろんOne-sidedな自己弁護が含まれている可能性を承知で読まなければいけないが、報道や報告書で確認できることがベースになっていることも多く、本書に対する若山教授や理研からの反論がないことを踏まえても、改めて冷静に騒動を見つめなおす手掛かりになり得ると思う。

いつも通りの時間にいつも通りに起きた朝だった。でも、この日、目覚めた世界は昨日までの私の知らない場所だった。自分の偽者がテレビに映っているような非現実感と、個人情報がどんどん大々的に報道される現実。混乱と不安で涙がこぼれた。まったく知らない別世界に急に投げ込まれてしまったような恐怖を感じていた。

 

STAP細胞はあったのか?(科学から見たSTAP問題)

まず一番重要なことは、結局「STAP細胞はあったのか?」という科学的評価を明らかにすることなのは間違いない。しかし、この議論は様々なノイズによって混乱しがちだ。「論文をコピペする奴が言うことなんて信じられない!」、「“関係者”すらないって言っているし」、「結局再現できなかったんでしょ?」。じゃあ、それで「STAP細胞はなかった」と言えるのだろうか。「STAP細胞はあったのか?」にきちんと答えるために、もう一度議論を整理したい。

 

STAP細胞の何が「あった/なかった」と言っているのか?

彼女たちのSTAP細胞実験は2つのプロセスに分かれており、どちらのプロセスを指しているかが大きく議論を左右する。最初のプロセスは彼女の担当で、STAP細胞塊(スフェア)を作製する実験を行った。マウスの細胞に刺激を与えることで幹細胞に見られるOct4遺伝子を発現させ、それをOct4-GFPという発光現象(STAP反応)の有無で陽性を確かめる。しかし、STAP細胞が実際に機能することを明確に検証するには、STAP細胞塊からテラトーマ(奇形種)ないしキメラマウスをつくることが大事になる。そこで次のプロセスとして、若山教授がSTAP細胞塊を初期胚に注入し、キメラマウスを作製する実験を行った。

本書をもとに実験の経緯をたどると、彼女自身は、若山教授らとの共同研究によってキメラマウスの作製までが実験範囲となったものの、もともとはSTAP細胞塊を作製し、STAP反応を得ることまでに研究の主眼を置いていた。したがって、彼女にとってはSTAP反応こそSTAP細胞の存在を証明する1st ステップであり、STAP反応を200回以上成功させたことをもって「STAP細胞がある」と主張したと思われる。STAP細胞をこの定義で捉えれば、焦点は本当にSTAP反応が得られたのか(理研の調査委員会が示したように自家蛍光ではなかったのか)になってくる。

一方で、当然ながらSTAP反応だけでSTAP細胞があるとは言えないという反論がある。この立場からすれば、テラトーマないしキメラマウスができてこそ「STAP細胞がある」ということになる。この定義で捉えれば、焦点は②本当にテラトーマないしキメラマウスができたのか(若山教授は本当にキメラマウスをつくれるのか、ハーバード大学のバカンティ研によるテラトーマ形成(2010年)は本当なのか)まで含まれてくる。ここまではあくまで定義の整理だ。

 

「なかった」というのは「嘘だったのか」のか「わからなかった」のか?

では、焦点を①本当にSTAP反応が得られたのかと、②本当にテラトーマないしキメラマウスができたのかの2つに整理した時に、それぞれどのような事実が見えてくるだろうか。

 

①本当にSTAP反応が得られたのか?

①のSTAP反応に関しては、理研調査委員会の監視下で彼女が行った実験で、自家蛍光と区別できるほどの結果を得られなかったというのが現時点での検証結果となっている。しかし、そもそも私生活まで追い掛け回される心身状態の中で、身動きを拘束され、これまでに使っていたリソースへのアクセスも制限された状態で行われていたことが本書『あの日』に克明に記されている。理研サイドとしても、世間からのバッシングで研究機関としての存続が危ぶまれる中で、結論を急ぐ力が働きやすかったはずだ。その意味で、理研調査委員会の検証をもってSTAP反応を得られるかどうかを断定することは拙速ではないだろうか。

さらに、ここに来て彼女が立ち上げたSTAP HOPE PAGEにOct4-GFPの陽性反応とされる画像が掲載され、画像からは自家蛍光とは異なる発光が確認できており、ローデータの検証が俟たれる。もちろん、これは未検証の弱いファクトに過ぎない。しかし、これに加えて、最近発表されたハイデルベルク大学の研究グループのModified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-lymphocytesや、テキサス大学医学部ヒューストン校およびピッツバーグ大学医学部のCharacterization of an injury induced population of muscle-derived stem cell-like cellsは、彼女の実験と同一ではないものの、細胞に刺激を与えることでSTAP反応を得るという意味では成功している。これらを踏まえると、彼女が主張したSTAP反応があると現時点で断定はできないものの、少なくとも継続検証に値する仮説として位置づけてもおかしくない。

 

②本当にテラトーマないしキメラマウスがてきたのか?

一方で、②テラトーマないしキメラマウスに関しては、STAP反応と違い、疑わしさが増すと言わざるを得ない。まず、バカンティ研においてテラトーマが形成されたことについては、STAP HOPE PAGEにも”only teratoma formation from STAP like cells was already confirmed in 2010 in Dr. Vacanti’s lab at Harvard University.”と記載されている。しかし、彼女が保管していたバカンティ研のテラトーマサンプルを解析すると、Oct4-GFPが見つからず、Acr/CAG-GFP(アクロシン)が検出されている。バカンティ研によるテラトーマ形成についてこれ以上のファクトは、現時点でこれ以上示されていないと認識しており、真偽は不明だ。

次いで、キメラマウスについては一層不可解だ。キメラマウスについては、若山教授がSTAP細胞を分析したところ「自分の研究室にはないマウスだった」としたため、キメラマウス作製につかった小保方氏から渡された細胞は、そもそもSTAP細胞塊ではなかったとされた。しかし、その後、この結果は若山教授の解析ミスであることがわかり、「自分の研究室にないマウス」だったはずのマウスが若山研のマウスであったことが判明している。では、マウスの混入でないとすると、STAP細胞塊自体がまずかったのか。若山教授は梶原アナウンサーのインタビューでSTAP細胞塊の樹立を自身で検証したと認めている(「実験が正しく成功するとは、同じ状況で行うすべての実験が成功するということなんです。その通りそこから先はすべてのマウスが緑に輝きました。そこで初めて<やった!>と思いましたね」)。マウスにもSTAP細胞塊にも問題がなかった(少なくとも若山教授は確認できた)のなら、客観的に見て、問題はキメラマウス作製のプロセスにあったのではないだろうか。

本書『あの日』の中で、小保方氏が若山教授に対して明らかに疑念を抱いているのには、上記のような理由がある。若山教授はアメリカの幹細胞生物学者Knoepflerのインタビューで、STAPステムセルの作製に何度も成功していると答えており(I established STAP-SC several times from STAP. It is unlikely that contamination would always have happened. In addition, we established STAP-SC from 129B6GFP mice.)、自身のプロセスには絶対の自信を持っているようだ。であれば、今後論文で自身の正しさを示されることを待ちたい。

ある日いつも通りスフェアを渡すと、これまではスフェアをバラバラの細胞にしてから初期胚に注入していたが、今日からはマイクロナイフで切って小さくした細胞塊を初期胚に注入してキメラマウスを作ることにしたとおっしゃった。それから10日後、若山先生からキメラマウスができたと連絡を受けた。その上、残りの細胞をES細胞樹立用の培養液で培養したらES細胞の様に増えだしたと報告された。毎日、スフェア細胞を培養し観察していた私は、細胞が増える気配すら感じたことがなかったので大変驚いた。

 

STAP騒動とは何だったのか?(社会から見たSTAP問題)

以上が、これまでの調査で分かっていることである。結局、現時点で確実に言えるのは、小保方氏については図表の取り違えや加工など科学者として軽率な行為があったということ(これは明らかなミス)、STAP反応の継続検証が必要なこと、バカンティ研および若山教授についてはテラトーマおよびキメラマウスの作製について根拠を示す必要があること。それ以上でも、それ以下でもない。しかし、社会の反応はどうだっただろうか?

 

マスコミの反応

まずマスコミは「分かっていること」の枠をはみ出た報道をしたと言わざるを得ない。たとえば、先に挙げた若山教授のマウス問題について、理研の監視下で発言ができない小保方氏を差し置いて、自由に発言できる若山教授の主張を鵜呑みにした報道を行っていた。更に、のちに間違いだったと判明したにも関わらず、その事実をほとんど報道していない。特にNHK(藤原淳記者ら)は、若山教授のリークをもとにNHKスペシャル『調査報告 STAP細胞 不正の深層』というドキュメンタリー(?)すら放送しており、放送倫理・番組向上機構(BPO)は同番組を審理するとしたものの、音沙汰なしである。また、本書『あの日』では、毎日新聞の須田桃子記者(著書『捏造の科学者 STAP細胞事件』が大宅賞を受賞(!))による執拗な個人攻撃の様子も描かれている。これでは「小保方が犯人」という世論の流れを誘導したと言われても仕方がないだろう。

 

理研の反応

次に理研はどうか。会見で桂調査委員長が「主に理研内部でいろいろな科学的調査が行われて、データが溜まってきました」と言った通り、調査委員会ではなく理研が下準備をし、「いろいろデータを出してきたので、それを第三者の目でどうかということをやった」と非常に受動的な調査であったことが分かっている。「笹井、丹羽氏は、ES細混入ではないかと疑われたので、そうではないという点は注意深く観察したと言っているが、この点はどうか?」との記者の質問に対し、「両氏がどうしてそう考えたかは、わからない。我々は論文がどうなのかを調べているので、その点は調査対象外だと考えた」と、本来の争点はそもそも対象外としてしまっている。にも関わらず、理研はこの調査結果をもって、小保方氏による単独不正を認定。こちらも、出来レースと言われても仕方がないのではないだろうか。

 

世間の反応

こうした小保方犯人説の流れを受け、ネット上には根拠のない様々な誹謗中傷、陰謀説ばかりがあふれる結果となった。そして、果ては研究機関である早稲田大学すら、調査委員会が「学位取り消しには該当しない」と報告したにも関わらず、「博士に値しないことは一連の業界の反応を見ても明らか」、「博士としての素養がない」などと人間性を理由に、他にもある無数の怪しい博士論文には目をつぶって学位を剥奪している。結局、いつのまにか小保方氏は人間的に正しくない。そんな彼女に加担することはおかしいという「空気」にすり替わっていってしまった。

 

STAP問題は、結局「空気」の問題になってしまった。山本七平は名著『「空気」の研究』で、公害病を取材していた記者がカドミウムの棒を見ただけでのけ反った例を挙げている。本来、公害の原因は何なのかを追究していたはずの記者が、公害=「悪」と絶対視するようになり、その「悪」に拒絶反応を起こしてしまう。そのような「空気」の中で、カドミウムが本当に悪いのかなんて疑問を呈した日には、「公害で苦しんでいる人の気持ちを踏みにじるのか!」と魔女狩りがはじまる。

確かに、小保方氏の行為には軽率なところがあったのは確かだ。しかし、マスコミ総出で悪者扱いされ、「よく生きていられますね」などという匿名のメールや手紙を送りつけられ、人格という謎の理由で社会的地位を剥奪されるほど、彼女は何かしたのだろうか。一部の当事者を除けば、It’s none of your business。「信じていたのに裏切られた」は、あくまであなた自身の責任だ。「空気」に任せて他者のことをとやかく言う無責任さがなくならない限り、同じような誰も得をしない騒動はまた起こるだろう。彼女は本書の中で、次のように綴っている。

私の心は正しくなかったのか。これまでの生き方全部が間違っていたのか。そう自問し、ただただ涙がこぼれた。むせび泣くような体力はもう残っていなかった。



この本についてひとこと