プロフェッショナル原論

プロフェッショナル原論 (ちくま新書)

「プロフェッショナル」とは何か

プロフェッショナルと聞いて、あなたならどんな職業をイメージされるだろうか。

一般的には、腕一本で活躍するスポーツ選手や職人(“その道のプロ”系)や、

信念を曲げずに諦めない人(“プロ根性”系)まで含めてプロフェッショナルと呼ぶ向きがある。

しかし、本書はタイトルに「原論」と銘打つだけあって、本質的なプロフェッショナルとは何か、

いわば、プロフェッショナルの語源であるプロフェッション(Profession)=社会に尽くすことを

神に誓うことが求められる神聖な職業とはどんなものかに立ち返ろうと試みている。

プロフェッションたるための条件は非常に厳格で、何もそこまでと思うところがないわけではない。

それでも、プロフェッショナルだからこそ社会に提供できる価値の重さを理解するには、

一度、とことん厳格にプロフェッショナルとは何かを考えてみることは大切だ。

僕も経営コンサルタントなり立ての時期に先輩に本書を薦められ、

行動規範を学ぶ座右の書としてペンで書き込みながら何度も読んでいる。

noun_66723_cc

プロフェッショナルの条件

では、プロフェッショナルを定義するなら、具体的にどのような条件になるだろうか。

著者は、形態的要件と意味的要件の2つの観点でまとめている。

形態的要件としては、プロにしかできない専門スキルが磨かれていることは当然のこととして、

判断を偏らせる利害関係も持ち込まず、そのクライアントのためだけに誂えた問題解決を

提供することがプロとしての必須要件になってくる。

加えて、意味的要件として上記の形態的要件を常に自らに課す行動規範を持ち、

さらには広く社会の公器としてノブレス・オブリージュを自覚するという高い意識レベルが求められる。

著者は、この原理原則が求められる医師、弁護士、経営コンサルタントなどを狭義のプロフェッショナル、

それに準ずるスポーツ選手などを広義のプロフェッショナルと整理している。

 

クライアント・ファーストとは何か

プロフェッショナルを規律づける一番の掟は、何はさておきクライアント・(インタレスト・)ファーストだ。

プロフェッショナルは極度に高度な知識や技術を操る職業であるがために、

クライアントがプロフェッショナルの成果物の良し悪しを判断することが難しく、

どうしてもプロの提案内容を受け入れざるを得ない立場になりがちだ。

したがって、プロとして常にクライアントの立場を考え、クライアントから信頼を勝ち得ていくことでしか、

見えにくいサービスの価値をクライアントに納得頂くことはできないのである。

だから、常にクライアント・ファースト。

中途半端な答えは言うまでもなく、見た目だけの一般的に正しい答えや

クライアントにとってSomething Newのない答えは、1円の価値も認められない。

1時間数万円という高額なフィーを請求しているプロは、常にこの厳しさを肝に銘じている。

 

私生活もプロフェッショナル

著者は、こうした厳しい掟に生きるプロフェッショナルの私生活も描いている。

例えば、プロは一消費者としても徹底して良いものを求めるので、常に高品質な商品を求めるし、

自分を律するために、だらしない服装や生活習慣は容認できない。

一部の高給医師や高給弁護士に限らず、身銭を切ってでもそうした生活をしている人は多い。

遊びも常に本気で、何事もセミプロ並みにのめり込むところがある。

マラソンなら必ずフルマラソンまで参加し、寝る間も惜しんでトレーニングに励んだりする。

傍から見ると笑ってしまうところもあるかもしれないが、プロならではのこうした職業病は確かにある。

とにかく、24時間365日、プロフェッショナルでいることが染みついているのだ。

 

プロフェッショナルでいることの覚悟

著者が今このような本を執筆した背景には、プロフェッショナルに対する危機感があったのだと思う。

というのも、例えば著者や僕が生業とする経営コンサルティングの分野で言えば、

経営コンサルタントと名乗るビジネスマンがどれだけ増殖していることか。

本当に高度な意思決定支援が必要とされる場面は数が知れているから、

そのほとんどは汎用的な知識やパッケージ化されたサービスを切り売りする

準コンサルタントに過ぎないのではないか。

信頼を揺るがす似非コンサルタントは、プロとして決して容認できない。そんな憂慮が感じられる。

この思いを感じる度に、僕はいつもプロフェッショナルでいることの覚悟を迫られる。

プロフェッショナルの職業についている方、つこうと思う方に是非読んでもらいたい1冊。



この本についてひとこと